オナ指示

特にオナ指示ってされていなかったのに、すごく感じてしまったオナ電があるんです。
相手の男性、すごくソフトな話し方をする人でしたね。声のトーンも涼しげで優しくて・・・語りかけるように話すんです。
私、ちょっと緊張していたんですけど、彼が「緊張してる?」って優しく聞くので「はい、ちょっと」って。
「好きなようにしていいからね?別にオナ指示するっていうより、あなたのオナニーをサポートしてあげたいだけだから」って。
それで、私をオナニーに誘導してくれたんです。
気持ちの方から高めてくれたっていうか。
「自分の肌、撫でてみて?すべすべで気持ちいいよね?」
「どこが感じるところなのかな」
「首筋と・・・耳の後ろ・・・」
オナニー指示
「そっか、そこが気持ちいいんだ。じゃ、気持ちいいように触ってみて・・・」
こんな感じで、全然オナ指示出されてる感じはしなかったんです。
ただ上手にオナニーの快感に導かれていたという感じですね。
今までこんな風に「オナニーをサポート」なんていう表現した人いなくて、それで安心感が高まったんだと思います。
もう彼の声が聞こえるだけで、下の方が濡れてくるのが分かりました。
はっきりオナ指示されてるような気はしなかったですね。
ただ私の快感のツボを探るような質問はしてましたけど、それ以上は何も言わないんです、その人。
クリを触る時も、他の男みたいにぐぐじゅぐじゅにかき乱して~とかそんなこと言わなかったですし。
ただ、気持ちいいように触ってみて?どう気持ちいい?そんな感じで本当にオナ指示というより、オナニーのサポートでしたよね。
それだけで、いつも以上に感じていました。
エロチャット
エロイプ